ミュゼ承諾書

きちんと親の承諾をもらってから、ミュゼ脱毛始めましょう!

ミュゼで13回脱毛して、3ヶ月放置してもツルツルです!

 

私は未成年ではありませんが、ミュゼプラチナムで両ワキ脱毛しています。

 

私の利用しているプランは、「両ワキ美容脱毛完了コース」。

 

このコースは、追加料金なしの脇の下無制限脱毛!
ミュゼで、一番人気のあるコースなんですよ。

 

 

今月のミュゼの脱毛キャンペーンは、この価格です♪

お好きな1部位と「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」⇒1,000円(税抜)!!両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース⇒【WEB予約限定】100円(税込)!

ただし、未成年の場合【美容脱毛完了コース】には回数制限があります。
ミュゼ公式サイトでは、以下のように年齢制限しています。

(以下、ミュゼ公式ホームページより抜粋)

 

16歳以上のお客様が対象です。
16歳未満のお客様は6回コースとなります。

 

ミュゼの脱毛について、詳細はこちらで確認できます

 

未成年の場合、何が必要ですか?

 

ミュゼをはじめ、脱毛出来るサロンや美容皮膚科では、未成年脱毛には親の許可が必要です。
そして、親の許可を証明した「親権者の同意書」を提出しなければなりません。

 

どこのエステもクリニックも、まず同じような対応なので覚えておいたほうがいいでしょう。

 

未成年の脱毛に関しては、それぞれの脱毛サロンで対象年齢や条件などは、多少違ってきます。
ミュゼでは、初潮を迎えて以来、順調に生理が来ているならば、未成年でも脱毛することができます。

 

ミュゼに提出する「親権者の同意書」ですが、これは店頭渡しになります。
無料カウンセリングの時に、説明を聞いた上で脱毛する方向になれば、手渡しされます。

 

なるだけ、親と一緒にカウンセリングへ行きましょう

 

その方が、手続きがスムーズに進むので、脱毛も早く開始出来ます。
親が一緒だと、カウンセリングの後、同意書作成や料金支払いなどが、問題なく進むでしょう。

 

何よりも、お母さんが直接お店に言って、ミュゼについて話を聞くことで安心してもらえます。
あなたが気づかない部分についても、質問してくれるかもしれないですよね。

 

お店の人も、保護者が一緒の方が、やっぱり印象がいいですよね。

 

親と一緒でない場合は、一旦持ち帰ります

 

もちろん、お母さんと一緒でなくても、ミュゼのカウンセリングは受けられます。
お母さんにも、都合がありますからね、行けない場合は仕方ないですね。

 

未成年者だけの場合は、ミュゼの同意書を自宅に持ち帰ります。
必要事項を記入した後、また後日お店に持参します。
電話で内容確認もされるので、親が電話に出られるようにしておいた方がいいですね。

 

無料カウンセリングから施術までは、こんな感じです

 

親が心配しないことが一番大切です

 

お母さん自身が、エステやクリニックで脱毛体験している場合。
未成年者の脱毛に対して、けっこう理解してくれるかもしれません。

 

しかし、大半の親御さんは、一つ返事でOKは出してくれない可能性が高いかも。

 

やっぱり、大切な身体を扱うことですからね。
それに、自分が体験していないことだったら、なおさら良い返事はしてくれないでしょう。

 

そんな時には、あなたがムダ毛でどれだけ嫌な思いをしているのかを、
しっかりと話せるようにしておきましょう。

 

あなたの正直な気持ちを聞くことで、親も真剣に考えてくれると思いますよ。

 

そして、やっぱり一緒に無料カウンセリングへ行ってもらったほうがいいと思います。
親子で納得した上で、ミュゼ脱毛を始めることが一番ですね。

 

無料カウンセリングについて詳細はこちらです



当サイトは携帯からもご覧頂けます。
上のQRコードを読み取るか、こちらからURLをメールで送信すると便利です。

未成年はミュゼ同意書が必要です